あのマキの木は切れなかったんです

昭和の庭をゆるく手入れしている園芸初心者🔰のブログです

見かけより強いヒナソウ✿

ご訪問ありがとうございます。

午後、ひんやり雨です。

 

また青い花(やっぱり好きなもので)・・・

花が、終盤になってきたので、

撮影しておきたいと思います。

f:id:hatchtomakinoki:20210507152338j:plain

少し徒長してきました。

 

ヒナソウ (トキワナズナ

  ・常緑多年草

  ・高温多湿・蒸れに弱いが、強乾燥にも弱い?

  ・寒さには強い

  ・花が終わったら、梅雨前に切り戻し

  ・こぼれダネでも増える

f:id:hatchtomakinoki:20210507154607j:plain

1月27日 ホームセンターで

思い起こせば、1月、

この子が、花の苗ほしい病の始まりだったんですね。

f:id:hatchtomakinoki:20210507155013j:plain

1cmくらいの小さな花で、

根が浅く、茎も細い。

とっても か弱そうなんですが、

蒸れに気をつければ(それが難しいけど)、

とても頑健な花だそうです。

病害虫の心配がないことも、うれしい特性です。

 

来年も会えますように!

 

もう少し青い花💙お付き合いください

f:id:hatchtomakinoki:20210507155927j:plain

ワスレナグサ(2月11日)

f:id:hatchtomakinoki:20210507155735j:plain

ロベリア(3月3日)

f:id:hatchtomakinoki:20210507160040j:plain

ブルーデージー(3月10日)

みんな開花時期が長くて(2~3か月経ちますよ)、

まだまだ元気に咲いてくれてるのも、うれしいですね🎵

 

は、気持ちを落ち着かせる色だそうです

 

 

お読みいただきありがとうございます♡

本日もおつかれさまでした☆彡

ホタルカズラのタグのミヤマホタルカズラ✿

ご訪問ありがとうございます。

暑さとさわやかさの夏日でした。

 

またまた、園芸コーナーに立ち寄ってしまいました。

(クローバーのチェックのつもり)

f:id:hatchtomakinoki:20210506195614j:plain

ミヤマホタルカズラ(リンドラ)

山野草のサイトを見ていて

引き込まれる花の一つにホタルカズラがあります。

絶滅危惧種になっている地域もあるそうです)

 

別種ではありますが、ミヤマホタルカズラという

ヨーロッパ出身の園芸品種があることがわかりました。

その時は、ネットでも見つからなかったんです。f:id:hatchtomakinoki:20210506202136j:plain

こんなところに・・

気づくと、しゃがみ込んで、花ガラ摘み(10個くらい)をしていました。

売れ残りっぽくて、店員さんも手が回らないのでしょう。

(時期的にもピークは過ぎてますかね)

f:id:hatchtomakinoki:20210506202255j:plain

微妙な水色のつぼみ♡

寒さには強いけど、夏越しは難しそう、、

でも、

青い花(好きなんですよね)が増えるって、

なんてうれしい🎵

 

一カ月に2ポットくらいは、

新メンバーを増やしてよいことを(お世話しっかり)

自分に許そう(キリッ)f:id:hatchtomakinoki:20210506202427j:plain

けば立っているところも、ホタルカズラに似ています。

いつか、野山に自生するホタルカズラにも

出会ってみたいですね。

 

 

お読みいただきありがとうございます♡

本日もおつかれさまでした☆彡

本名はメキシコマンネングサ?🍃

ご訪問ありがとうございます。

パラパラ雨のくもり。

 

昨日のまちがい(失礼しました)マツバギク

多肉感を見て思い出した、名前が気になっていた植物、

 

2月、霜の降りる庭の片隅で見つけたプランターの中、

ぼろぼろ(たぶん贈り物の寄せ植えが、そのまま放置?)の

セダムらしきもの

f:id:hatchtomakinoki:20210505151437j:plain

2月27日 分散し、ビオレと寄せ植えに

 プランターなのに降雨のみ、氷点下で、生きてる

強い、増えそう🎵

6班に分けて、いろいろな場所に植えてみたのです。

f:id:hatchtomakinoki:20210505144557j:plain

1班 5月5日 

f:id:hatchtomakinoki:20210505145443j:plain

2班

f:id:hatchtomakinoki:20210505145556j:plain

3班

f:id:hatchtomakinoki:20210505145716j:plain

4班

f:id:hatchtomakinoki:20210505145757j:plain

5班

f:id:hatchtomakinoki:20210505145940j:plain

6班

6班とも青々と生長中

おまけも

f:id:hatchtomakinoki:20210505150036j:plain

f:id:hatchtomakinoki:20210505145638j:plain

茎の一部を土に置いただけで、発根するらしいです(なるほど)

踏まない場所なら、グランドカバーとして活躍しそうですね。

 

調べると、セダムは、

別名、万年草ベンケイソウ(おしゃれ度下がる)

その中でもこれは、

メキシコマンネングサと一番似ているようです。

 

もうすぐ、黄色い花が咲きそうです💛

 

 

昨日の夕方、残念な感じでお別れしたんですけど、

f:id:hatchtomakinoki:20210505150751j:plain

5月5日 

一日花じゃなくて、また会えちゃいました。

 


 お読みいただきありがとうございます♡

本日もおつかれさまでした☆彡

 

 

初咲きのマツバギク🌺

ご訪問ありがとうございます。

夏日、日向は暑かったです。

 

鮮やかなピンク色が咲きました。

f:id:hatchtomakinoki:20210504151005j:plain

ひとつだけ咲いたマツバボタン マツバギクです。

 

ここは車庫横で、工事中、作業員の方の通路になっていたので、

だいぶ踏まれましたが、生きていました。

 

10年?以上前、

そのお宅の(今はもうないのですが)お玄関先には、

一面咲きそろっていました。

「お世話なしで、増えるわよ。」

と、くださったのでした。

 

本来なら、もっと増えていいはずの強い花。

f:id:hatchtomakinoki:20210504151742j:plain

咲き終わったムスカリ、スミレ、スイセン

これから咲きたいユリ、雑草・・・

ごちゃごちゃで、なにがなんだか わかりません。

陣取り合戦してもらうしかありませんが、

こういう雑然とした植物たち、

なんか、

いいですね🎵

 

f:id:hatchtomakinoki:20210504152559j:plain

こうやって見ると、多肉植物そのもの(多肉の一種だそうです)。

水を蓄えてくれそうで、たのもしい感じです。

 

つぼみは、どれなんでしょう?

f:id:hatchtomakinoki:20210504152956j:plain

これでしょうか・・・

目印つけておきましょう

明日は、こちらが開いているかもしれません?

 

マツバボタンと間違えやすい(ほんとに)ですが、別種。

マツバギクのほうが、強いそうです(ほんとに)。

 

よい気候ですねー✨

 

f:id:hatchtomakinoki:20210504191313j:plain


お読みいただきありがとうございます♡

本日もおつかれさまでした☆彡

 

そろそろキケンなツバキ🌺

ご訪問ありがとうございます。

少し不安定ながら、晴れました。

 

この頃、こまめに見上げている木があります。

f:id:hatchtomakinoki:20210503185942j:plain

オトメツバキです。

(ピンクの八重で、華やかな乙女って感じの花が咲きます)

 

大丈夫・・・

葉の裏からチャドクガサザンカ、ツバキなどに付く毛虫)を

チェックします。

 

もっと高さのある木だったのですが、

チャドクガ対応が難しいのと、

歩道の通行人の方の頭に・・・

ということもあり得るので、工事前、強強剪定をしました。

 

チャドクガではありませんが、

f:id:hatchtomakinoki:20210503190411j:plain

やはり、葉が込み合っているところは、病んでます。

葉が込んでいると、チェックもしにくいので、

また、病葉撤去(手慣れてきました)しましょう。

f:id:hatchtomakinoki:20210503191054j:plain

スッキリしました。

f:id:hatchtomakinoki:20210503191138j:plain

こちらは、一重の赤いツバキ

昨年、剪定していただいたので、込み合っていません。

 

数年前、ひどいことになってしまい、

駆除をお願いした怖い思い出が・・・

その時、木の根元に薬剤をまくように言われたので、

一応やっているのですが、

もう、、トラウマ的?な感じですね。

 

ご近所の方は、2回、全身がかぶれてしまい、

その後、伐採したそうです(ノーリスク、まちがいない)。

孵化した後の毛の残骸だけでも毒があり、かぶれるそうです。

(洗濯物に付着しただけでも)

しかも、発生時期が春・秋、年2回(つらい)。

 

しばらく、見上げる日々が続きます・・・

 

f:id:hatchtomakinoki:20210503193004j:plain

しあわせのクローバー

よく見たら、薄紫色でした(白かと思ってた)💕

 

 

お読みいただきありがとうございます♡

本日もおつかれさまでした☆彡

2ヶ月前のタネ🌱

ご訪問ありがとうございます。

雲、風、多めの晴れでした。

 

3月2日に配達されたタネです。

f:id:hatchtomakinoki:20210502192031j:plain

時期的には、”今”なんですけど、

タネは、苗よりもっと自信がありません(なぜ買ったのでしょう?)。

期限が書いてないのですが、やはり、今年のほうがいいにちがいない。

ジフィーポットなら・・・

と思いつき、、買ってきました。

f:id:hatchtomakinoki:20210502190610j:plain

そのまま、地面に植えられるそうです。

(土付きのもあるんですね。これは、100均。)

検索すると、賛否いろいろありますが、

おもしろそうなので、

ヒマワリラムズイヤーだけ、蒔いてみます。

f:id:hatchtomakinoki:20210502190800j:plain

f:id:hatchtomakinoki:20210502190821j:plain

小学生の時以来のひまわりのタネ蒔き・・・

たしか、ちょっと渋めの大人かわいい色?だったと思います。

f:id:hatchtomakinoki:20210502191020j:plain

f:id:hatchtomakinoki:20210502191041j:plain

ラムズイヤー(子ひつじの耳)

葉の手触りが、子ひつじの耳のよう、、、ということだけで、

選んだと記憶しています。

f:id:hatchtomakinoki:20210502191317j:plain

ポットを水に濡らしてから、ふつうの培養土で、

(種まき用の土があるらしいのですが、詰めが甘い)

指示通り覆土。

f:id:hatchtomakinoki:20210502191550j:plain

トレイに入れて、ポットの底から給水。

これなら、水やりのうっかりリスクが少ないですね(たぶん)。

楽しみです🎵

 

タネ蒔きは、楽しかったのですが、

まとまった雨が2回降った後の庭は、

雑草も息づいていました(つらい)。

久しぶりに、長時間草むしり・・・

グランドカバー計画を掘り下げないと(以下、経過)。

 

①ダイカンドラ

f:id:hatchtomakinoki:20210502192758j:plain

枯れてはいません。

本葉も少しずつ大きくなっていますが、ちょっと頼りない。

 

②クリーピングタイム

f:id:hatchtomakinoki:20210502192927j:plain

こちらもランナーがいっぱい。

しかし、荒れ地に対応できるか?

 

③クローバー

f:id:hatchtomakinoki:20210502193223j:plain

花が咲いていました。
ランナーも新芽も元気です。

 

サギゴケ

f:id:hatchtomakinoki:20210502193351j:plain

弱々しかったわりに、ランナーの勢いがすばらしいです。

②③④、いまひとつ即戦力に欠ける?

 

⑤クラピアk5

f:id:hatchtomakinoki:20210502193535j:plain

ランナーは、伸びているものの(挿し芽に切ったのに)、

全体の大きさはそれほど?

 

いずれかを、追加発注する必要がありますね(検討)。

 

 

ブログ購読を通じて、

見知らぬまち、見知らぬお庭、見知らぬ植物見学の

疑似体験をして、楽しませていただいています。

ありがとうございます。

みなさま、できる範囲のステイセーフで!

本日もおつかれさまでした☆彡